債務整理とは

債務整理とは

債務整理とは

債務整理とは、借金を減額してもらったり裁判所の決定でゼロにしてもらう救済方法です。

 

 

債務整理の3つの手続きとは、

 

(1) 任意整理(特定調停を含む)

 

(2) 民事再生

 

(3) 自己破産

 

をいいます。

 

 

 

任意整理は、債権者(金融会社)と債務者(あなた)との話し合いで決めます。
民事再生と自己破産は、裁判所に申し立てを行い、裁判所の決定で成立します。

 

 

また、借金の中に法定利息を超えた金利で支払ったものがあれば、過払い金として清算することもできます。

 

 

 

任意整理とは

 

金融会社と債務者の交渉によって、借金をどれぐらい減額させるかを決めます。
専門家が作成した和解案を債権者ごとに交渉して決めていきます。

 

全部の債権者と和解が成立しなければ任意整理は成立しません。

 

成立すれば、返済は非常に楽なものになる可能性があります。
場合によっては過払い金が生じ,既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。

 

ただし、基本的に当事者の話し合いなので、まとまらないことも少なくありません。

 

 

 

民事再生とは

 

民事再生手続きは自己破産とは違って、借金のすべてがなくなってしまうわけではありません。

 

可処分所得のなかから3年かけて支払うことが可能です。
必要な生活費は最初から除けておくので、生活は苦しくはなりますが続けることが可能です。

 

ただし、住宅ローンを組んでいるという人は、住宅ローンは免除の対象外となります。
でもこのことで、マイホームを手放さなくて済むのです。

 

 

 

自己破産とは

 

借金超過で苦しんでいる人を救済するために国が作った制度です。

 

自己破産することで、すべての借金はゼロになります。
ただし、持っている価値のある資産は没収されてしまいます。

 

自己破産しても、家族は普通に生活できます。
破産した本人は信用調査機関に登録(ブラックリスト)され最低5年間はクレジットカードをつくったり借金したりできません。

 

 

 

 

借金問題を解決するには、借金を少しでも返すという姿勢を見せることが大事です。
交渉で契約を変更してもらい返済額を少なくしてもらうことも可能でしょう。

 

 

借金を返したくても返せなくなったら、迷わず債務整理の無料相談をしましょう。

 

 

 

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込