債務整理 任意整理

債務整理 任意整理

債務整理 任意整理

意整理は債務整理の第1段階です。

 

 

任意整理とは、文字どおり金融会社と債務者(お金を借りた人)が債務の減額について話し合うものです。通常は、債務者の依頼を受けた弁護士や認定司法書士が債務者の代理となって金融会社と交渉します。

 

 

特に、借金の利息がグレーゾーン金利以上だった場合は過払い金が発生している可能性があり、新しい金利で利息計算(引き直し計算といいます)をやり直したら、元金が相当減っていたり場合によってはほとんど返済が終わっていることもあって、こういう交渉は非常に債務者にとって有利です。

 

 

グレーゾーン金利とは、今の上限20%から、以前の上限29.2%の間の金利のことです。

 

 

グレーゾーン金利が完全に廃止されたのは2010年6月ですから、それ以前では法定金利を超える金利で支払っていたケースは多いと思います。2010年6月以降は、法定金利を超える金利は違法です。

 

 

債務整理をしなければ生活が成り立たない方は、消費者金融やヤミ金などの高金利で借金をしているケースが多いので、過払い金が生じているケースは多いと思われます。

 

 

 

メール1本から解決策が広がる無料相談はこちらです。

 

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込