過払い金 返還請求

過払い金 返還請求

過払い金 返還請求

クレジット会社や消費者金融から過去にお金を借りた(キャッシング)ことがある方は、おそらく過払い金(利息の払い過ぎ)が発生しています。

 

 

2010年6月に、金利の上限は年20%と法律で決められました。
細かく言うと、借金の額によって上限は、10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%です。

 

 

これ以前の消費者金融は、当時の最高金利である年29.2%の金利をとっていたのが普通です。時効は、完済後10年ですから、完済した後でも10年以内なら間に合います。2010年以前に借金の返済をしていた方は、特に留意してください。

 

 

過払い金があるかどうかを調べるには、お金を借りた金融会社からあなたの過去の一切の履歴を取り寄せて見れば分かります。

 

 

これは、あなたの自己情報ですから金融会社は必ず公開しなければならないのです。ところが、一部の情報しか公開しなかったり、相手は素人だと足下を見て、不誠実な対応をする会社もあります。

 

 

ここは、一発かましてやる(下品でスミマセン)必要があるので、弁護士や認定司法書士にお任せするのがスムーズに進めるコツです。

 

 

 

この処理自体は難しいものではありませんから、事実さえ判明すれば必ず取り返せます。ただし、相手の金融会社が倒産していた場合はこの限りではありません。
○富士とかは、この関係で倒産してしまいました。

 

 

金融会社はもう慣れたものですので、素人が交渉するとうまく煙に巻かれる可能性があります。
まずは、無料法律相談を使いましょう。

 

 

ネットの無料法律相談なら多くの場合、過払い金があるかどうかを調べてくれて、実際に過払い金があり、そこから報酬を支払っても依頼者にメリットがあるときだけ正式に申し込むことができるようなシステムを採用しています。

 

 

これなら安心して弁護士さんに依頼できますね。
弁護士報酬は高いんじゃないかと不安な方へ。今は弁護士が過剰の時代なのです。過払い金専門の弁護士さんはいわゆる「薄利多売」状態なので、意外と安いものです。

 

 

もし今なお違法な高金利で返済していて、取り立てがきびしくて困っているようならすぐに相談したらいいです。弁護士さんや認定司法書士さんに頼むことになったら、1本の電話で取り立てがぴたりと止まります。

 

 

無料相談は、本当に無料なのか心配な方。
法律事務所なんて敷居が高くて不安な方。

 

 

まずはメール1本から解決策が広がる無料相談から。

 

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 

 

匿名で相談できますから、これも安心だと思いませんか。
実際に返済の状態を調べるときには個人情報が必要になってきますが、手元に返済表などがある方は、ある程度のことが無料の範囲で判断できます。

 

 

2006年の法改正で過払い金の返還が請求できるようになり、2010年の法改正で利息の上限が20%などと定められたので、この間に20%を超える金利で借金を返済していた方は、過払い金が発生している可能性があります。

 

 

法令には様々な特例やみなし規定があるので、制限金利を超えて支払った過払い金がすべて返還請求の対象になるものでもありません。弁護士さんたちはこのあたりをよく知っているので、正しい判断ができるのです。

 

 

確実に過払い金を取り戻すためにも、無料法律相談は活用した方がいいと思います。