債務整理 過払い金 相談

債務整理 過払い金 相談

債務整理 過払い金 相談

過払い金について

 

 

2006年1月に最高裁は、利息制限法の上限金利(金額に応じて年15%から20%)と、出資法上の金利(年29・2%)との間の「グレーゾーン金利」を原則無効と判断しました。

 

 

借金した人が、利息制限法の金利の上限を超えて払った利息は過払い金とされ、請求すれば戻るようになりました。

 

 

 

このグレー損金利が廃止されたのが2010年6月です。
これを受けて、過払い金の返還請求が急増しました。

 

 

 

なお、現在の出資法上の上限金利は年20%に改正されています。
年20%を超える金利は違法です。

 

 

 

時効について

 

最終の返済から10年を経過すると、過払い金は時効になって請求できなくなります。1日過ぎても時効は成立しますから、過払い金に心当たりがある方は、早く無料法律相談で相談することを強くおススメします。

 

 

手元に返済表などの資料があれば、メールや電話でも専門家は判断がつくはずです。

 

 

 

まずはメール1本から解決策が広がる無料相談から。

 

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込