債務整理と過払い金のノウハウ

債務整理と過払い金のノウハウ

債務整理 過払い金

借金の返済に困って金策が尽きた方はこのサイトをご覧ください。

 

 

あと3万円がどうしても用意できない!
もうどこからも借りられない。
もう消えるしかない。

 

300万円以上の借金が、メールを1回送るだけで
数日後には激減させ、取り立てはすぐに止めさせる方法があります。
試してみたいと思いませんか。

 

 

こちらです

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 

 

 

借金を返せなくて困っている方は、生活が成り立たなくなり、離婚や一家離散の危機が目前です。

 

 

これを解決できるのは法律の力だけです。

 

 

債権者と交渉して、借入金を減らしてもらったり、利息をぐんと減らしてもらうことができます。この借入金は、過去に高い金利で借金をしていた可能性があるので、利息を払いすぎている場合は、返還請求すれば戻ります。

 

 

 

無計画に借金した本人も悪いですが、高い金利で元金がなかなか減らず、借りた人を食い物にする業者はもっといけませんね。

 

 

きちんと法律に基づいた手段をとって、借金地獄から抜け出して人間らしい生活を取り戻しましょう。

 

 

それが債務整理です。

 

 

債務整理することによって、クレジットカードが持てなくなったりす制限がいろいろありますが、家族には影響がありません。

 

 

今現在、多重債務者の方、まもなく多重債務者になりそうな方、これから初めて消費者金融業者を利用しようと考えている方、このサイトの情報を参考にしてください。

 

 

 

 

金融会社から借りたお金がどうしても返せなくなったときは債務整理

 

◆借入額を減額してもらうように交渉し和解に持ち込みます(任意整理)

 

◆応じない場合は裁判所に調停を頼みます(特定調停)

 

◆相手と交渉して可処分所得分だけを3年かけて返済します(給与所得者再生)

 

いろいろな方法があります。

 

法律に基づいて交渉するため、交渉を得意とする弁護士や認定司法書士に頼みましょう。
手続きは個人には難しく、和解案の提示は個人の手におえるものではありません。

 

 

所得から生活費、電気代、水道料、国民年金、健康保険などを差し引いた可処分所得で返済するので、日常の生活は切りつめることは必要ですが続けることができます。

 

一人で悩まないで、法律の専門家に無料相談しましょう。

 

 

 

 

払い過ぎた利息を返してもらうのは過払い金の請求

 

◆過去に年20%を超える金利でお金を借りたことがある方。

 

◆どれだけ返済しても元金が減らない方。

 

 もしかしたら、とっくに元金の返済は終わっているかもしれませんよ。

 

 

過払い金の返還を求めるには
借金した金融会社から過去のすべての取引明細を取り寄せて
借入額に応じた新しい金利で計算しなおして(引き直しと言います)
過払い金が存在するときは、文書で払いすぎたお金を返還請求します。

 

 

ただ、和解交渉では相手の金融会社が応じなかったり話がまとまらないことがあるので、裁判所に訴訟を起こすことまで視野に入れておく必要があります。

 

 

過払い金の返還請求は、訴訟を起こせば、ほぼ確実に過払い金を取り戻すことができます。

 

一人で悩まないで法律の専門家に無料相談しましょう

 

 

 

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込