債務整理 弁護士と司法書士の違い

債務整理 弁護士と司法書士の違い

債務整理 弁護士と司法書士の違い

債務整理の際に、法律事務所には弁護士事務所とと司法書士事務所があります。

 

 

その違いは簡単に言えばこういうとこになります。

 

 

  債権総額 140万円以下 債権総額 140万円超える
弁護士 ○交渉権・訴訟代理権あり ○交渉権・訴訟代理権あり
認定司法書士 ○交渉権・訴訟代理権あり ×交渉権・訴訟代理権なし

 

 

 

訴訟代理権について

 

司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみに限られています。
地方裁判所などでは弁護士のみに訴訟代理権が認められています。
民事再生や自己破産は、地方裁判所に申立を行うことから司法書士には訴訟代理権がなく、司法書士は書類の作成のみを担当し、申立は自分で行うことになります。
通常、民事再生や自己破産の場合は,弁護士に依頼する方が期間も短くて済みます。

 

 

 

交渉権について

 

借金の総額が140万円以下で任意整理を依頼する場合と、140万円以下の過払い金の請求を依頼する場合は,司法書士にも交渉権が認められていますので,弁護士と司法書士のどちらに依頼しても違いはありません。

 

 

 

 

 

まずはメール1本から解決策が広がる無料相談から。

 

⇒ 東京ミネルヴァ法律事務所

 

 

東京ミネルヴァ法律事務所