おまとめローン 債務整理

おまとめローン 債務整理

おまとめローン 債務整理

おまとめローンというのは、複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。
このような商品がたくさんありますが、本当にいいんでしょうか。

 

 

 

おまとめローンのデメリットは

 

 

金利が意外と安くならないこと

 

それほど金利が安くならないことが多いこと。
確かに、消費者金融などから高金利で借り入れをしている場合に、銀行のおまとめローンで借り換えができれば金利は下がると思います。

 

でも、本当にその金利は安いですか。
利息制限法の上限に近い金利でおまとめローンの契約をしたケースがあるといいます。

 

金融機関は、貸し倒れリスクの高い債務者には、高い金利で貸付をします。
いま多重債務の状態になっている債務者は、貸し倒れリスクが高いと判断されて、結局は高金利となってしまうことが多いのです。

 

 

 

減らせる借金を減らさずに返済してしまうこと

 

おまとめローンをすると、借り入れたお金で、消費者金融等の高金利の借金を返済します。
その際、利息制限法により金利を見直して借入金を減額した計算は通常はされません。

 

長期間、グレーゾーン金利で返済を継続していた場合、利息制限法による見直しで借金そのものを減らしたり、過払い金を取り戻したりすることが出来る場合があるのに、グレーゾーン金利に基づいた計算での残額を全額支払ってしまうため、減額や過払い金返還の機会を失ってしまうことになります。

 

 

 

このほかにも、おまとめローンのために新たに抵当権を設定したり、保証人を要求されたりして、新たな権利が付いてしまうことがあります。

 

 

 

おまとめローンを組む前に、債務整理を専門とする弁護士さんや司法書士さんに相談すれば、借入金そのものを減額できたり、払いすぎている利息を取り戻してくれたりメリットが多々あるという事実です。

 

 

 

多重債務で返済に窮している方は、まずは無料相談をしましょう。

 

 

 

まずはメール1本から解決策が広がる無料相談から。

 

⇒ 東京ミネルヴァ法律事務所

 

 

東京ミネルヴァ法律事務所